冠婚葬祭のなんでも相談室

お祝い方法の基本

冠婚葬祭のお祝いには様々なマナーや慣例があります。結婚祝いのマナーとしては、結婚するという知らせを聞いたら、結婚式に列席する場合でも、遠方の場合を除き、できるだけ当日ではなく事前に祝儀を渡すようにします。結婚式に列席する場合には、新郎新婦との関係性にもよりますが親戚関係であれば5万円から10万円。友人関係であれば3万円が相場とされています。

この時、分けられる偶数は縁起が悪いとされていますので避けます。また、結婚式に列席しない際のお祝い方法としては、祝儀を結婚式の前に手渡します。遠方の場合などは郵送などでも大丈夫ですが、この場合は必ずお祝いの手紙を同封するようにします。また、結婚式当日には祝電を送るとよりお祝いの気持ちが伝わります。